〔TOP〕 資格取得で憧れの職業になるには!そのための資格講座を照会します。 >>> 〔カテゴリ〕 スポンサー広告 >>> スポンサーサイト>>> 〔カテゴリ〕 サービス・マスコミ >>> 調理師

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調理師 

調理師とは

「食の多様化」が進む現代、人々の「食」に対する関心もますます高まり
調理師へのニーズは高まる一方です。

調理師とは、調理の業務に従事することができる者として、
都道府県知事の免許を受けた者をいいます(調理師法第2条より)。
調理だけでなく、食材にも通じ衛生管理も心得ていると広く認められている
調理師免許を取得すれば就職・転職に有利となります。

また 飲食店などでは施設ごとに「食品衛生責任者」を
置かなければなりませんが調理師免許を持っていれば、
職場で必要とされるこの資格が申請だけで入手できます。

            

<受験資格>
   
  調理師免許を取るには、厚生労働大臣指定の養成所で学ぶ方法と、
  試験で資格を取得する方法があります。

  1.調理師免許試験を受けるには、実務経験が2年以上必要です。
    具体的には、以下のような施設または
    業務に関わった条件があります。

    ・学校、病院、寮などの給食施設
    ・継続して1日20食以上又は1日50食以上調理する施設
    ・飲食店、旅館、簡易宿泊所
    ・惣菜製造業、魚介類販売業

  2.厚生労働大臣指定の養成所で学ぶ方法
     厚生労働大臣が指定する養成所で、昼間なら1年、
     夜間なら1年半以上の過程を学び、
     調理師免許を取得する方法です。

<試験の特徴>
     試験は筆記試験のみとなります(実技はなし)。
     試験問題は全て択一式(4択)になります
     試験は都道府県ごとに実施されており、
     複数都道府県でのかけもち受験も可能です。

<資格試験科目>


    大きく7つの科目で行われて
    ・衛生法規
    ・食文化概論
    ・栄養学
    ・公衆衛生学
    ・食品学
    ・食品衛生学
    ・調理理論

範囲全体としては共通ですが
実施は都道府県ごとになるため問題自体は異なります。

<実施機関>

    各都道府県の衛生主管課が行っています。

    


 Topに戻る
         

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tomtom0324.blog100.fc2.com/tb.php/21-b874bdf3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。