〔TOP〕 資格取得で憧れの職業になるには!そのための資格講座を照会します。 >>> 〔カテゴリ〕 スポンサー広告 >>> スポンサーサイト>>> 〔カテゴリ〕 サービス・マスコミ >>> 気象予報士

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気象予報士 

気象予報士とは?

気象予報士制度は、気象業務法の改正によって

平成6年度から導入されました。

気象予報士の資格は国家資格であり、気象予報業務における

現象の予想に関する専門家として

予報 業務許可事業者において、気象の予想を担当することが

認められています。

気象庁から提供される数値予報結果や、気象衛星、アメダス、

気象レーダーなど様々な観測データを総合的に判断し、

気象現象の予想を行うことになります。

★どうしたら気象予報士になれる?

  財団法人気象業務支援センターが実施する気象予報士試験に合格し、

  気象庁長官の登録を受けることが必要です。

★ 気象予報士の仕事

  ・気象予報を事業化する。

   事業を行う場合は、予報業務許可事業者になることが必要で

   これは、気象庁長官の許可を受けることでなることができます。

  ・ お天気キャスター

    大手TV局だけでなく地方TV局にもたくさんいます。

  ・ 民間気象会社へ就職


             

★ 気象予報士学科試験の科目について

   ・予報業務に関する一般知識
   ・予報業務に関する専門知識
   ・気象予報士実技試験の科目

★ 日程について

    夏期と冬期の年2回

★ 試験場所
    北海道、宮城県、東京都、大阪府、福岡県、沖縄県の
    6つの都道府県で実施されています。

★ 申し込み方法?
    試験実施日の約3か月前
    受験申請の受付期間は約2か月前の3週間です
    郵送かインターネットで、試験案内書郵送の予約も可能です。
                       

★受験料は?

    11,400円です。

★ 気象予報士試験の合格基準

    学科試験(一般知識):   15問中正解が10以上
    学科試験(専門知識):   15問中正解が11以上

    合格率はかなり低めで難しい試験で一回で合格するのは
    かなり困難なようです。
    第31回では、最年少13歳での合格者が出て
    新聞でも取り上げられました。
       
           
Topに戻る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tomtom0324.blog100.fc2.com/tb.php/42-9a99f0d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。